基本理念

基本理念


適正なコスト=適正な品質
 建築生産において最も重要なことは、求められる品質と安全を担保すること。しかも限られた予算内で。
 私たち、エステム建築事務所は建築物の品質を確保するには相応のコストが必要であるとの考えから、「適正な価格=適正な品質」を基本理念に設計初期段階のコストプランニングから実施設計段階のコストスタディ支援、さらにはVE提案、LCC試算まであらゆるフェイズのコスト支援に取り組みます。
 
積算とは過去の実績からの類推回帰
 建築プロジェクトは一般に建築主の固有のニーズのもとにつくられるもので、いわゆる出来合のものではなく一品生産であって、かつ規模が大きいことが特徴です。大量生産される工業製品などのように試作品を作り、生産コストを検証することは不可能です。
 建築生産の場合、過去の実績から類推回帰し、そのフィードバックサイクルを繰り返すことが建築コスト算出、すなわち「積算」と定義することができます。
 したがって、私たちエステム建築事務所は過去の無数の実績を大切にし、活用することを心がけています。また、活用するシステムが私たちの最強の技術であると考えています。
 
建築コストに対する不信感、不透明感をなくす
 建築生産が他の工業生産と決定的に違う点は「設計と生産が分離」されていることです。さらに生産者(元請け)が多分に商業的である点で、実際の生産活動は協力業者といわれる下請けが担っています。発注者にとって、特に一般消費者にとって、このことが建築コストを非常にわかりにくくしています。
 一方で、設計者と施工者が同一企業である、いわゆる設計施工といわれる形態で発注されることもあります。この場合は逆にコストの不透明感が残り、はたして適正なコストであったかは不明のままプロジェクトが遂行されてしまいます。
 私たちエステム建築事務所は、品質を確保するには相応のコストがかかるとしながらも、発注者にわかりやすい透明性の高いコストを明示することが納得性を高め、発注者、設計者、施工者のそれぞれの信頼関係を高めることになり、ひいては適正な品質を確保できるものと考えています。このロジックが私たちの基本理念であると同時に、SC-air(スクエア)はこのニーズに応えるために開発された商品です。